ラジオネーム本名OKドリフェス大好きさん

フサ江と申します。思ったことを書きます。

全員好き、選べない。の話

私がドリフェスに出会ったのは、アプリの配信直後。

友達が、いつもソシャゲを3日くらいでやめる友達が、男性アイドルに興味がなかったはずの友達が、新しいアプリがなんかすごい!とヤバい熱量で私に勧めてきた。とにかく曲がいいから絶対にダウンロードすべき、キャラクターもいい、味がある、などと強く勧められ、そんなに言うなら……と始めた気がする。よく覚えていない。

キャラクター一覧と軽いプロフィールを見た段階では、きっと私は純哉を好きになるだろうなと思った。なぜならチャラチャラした男やオラつきが強めでセクシーな男が好きだから。

しかしゲームを始めてすぐ気付く。純哉は努力家で責任感が強くてアイドルに真剣で、全くチャラチャラしていない。そして、このゲームにはどうやらチャラチャラした男もオラつきが強めでセクシーな男も出てこない。

でもシナリオは非常に肌に合った。めちゃくちゃ面白い。シナリオがテレビ番組のプログラムになっているのもとても最高だ。私ことオタクは、この世界の中でライブに足繁く通い彼らの出演番組を欠かさずチェックしている、そういう世界なのだという徹底がとてもいい。シナリオの会話の妙なリアルさにも惹かれたし、キャラの声も独特の味があり、人間がしゃべっているという感じがしてよかった。

シナリオを1話解放した段階で、すでにちょっとドリフェスのことが好きになっていたと思う。

続きが読みたくてニュースターエボリューションを何回かプレイした。確かに、曲いいな〜、ぐらいの気持ちで。

その次に解放された曲がユレルMIDNIGHTだった。

私はチャラチャラした軽い男やオラつきが強めでセクシーな男が好きである。そういう曲も好きだし、歌詞もいい、ディスコって感じがした。そんないい感じのカッコイイ曲、ジャージでセクシーに踊られたらひとたまりもなかった。好きだ。

好みドストライクの曲がいきなりきたこともそうだけど、振り幅がスゴいとも思った。しかもなんか5人グループなはずなのに急に2人ユニット曲、いやまだ2曲目なんですけどいいんですか?自由だな…と思った気がする。グループ内ユニットってもっと後の方で出てくるもんかと思ってたから。いや、今思い返すとユレルは事務所の定期ライブなのかもね…知りませんが…

面白いシナリオ、バラエティ豊かな曲、好きにならない理由がなかった。

 

シナリオを読み進めていくうち及川慎くんのことが気になるようになってきた。

チャラつきやオラつきから一番遠いが、及川慎くんのことが気になるのだからしょうがない。好きは理屈ではないので。でもマジで及川慎くんのどの部分を特に魅力に感じて好きなのかは今でも全く説明ができない。なんか好き〜。

 

一番カフェに行った。アクリルキーホルダーとコースターとドリンクバー1杯のセット。カフェ、カフェとは…と思いながらも、店内には大きいドリフェスの絵がいっぱいあってドリフェスのPVが流れていてテーブルにもドリフェスの絵が貼ってあって天国だと思った。しかも来店したみなさんのサインが書かれていた。

一番カフェに行った次の日、別のキャストの方がまたご来店されてサインが増えたとツイッターで見た。また行った。最高の机をうっとりしながら眺めて佐々木純哉くんオススメの野菜ジュースを飲んだりした。バイカル湖の水はなかったので飲めなかった。とにかく最高だった。やたらクロフネ(詳細一切不明)のグッズが出るため、クロフネにも謎の親しみを覚えた。即位ってなんだろう?さあ…という会話を何遍したかわからない。

一番カフェのコースターにはプレゼントの応募シリアルとアンケートがついていて、もうとにかくドリフェスのことが大好きなためアンケートにも真剣に回答した。

その中に「好きなキャラは?※複数回答可」という項目があった。

(たしかこのアンケートにはクロフネ二人も入っていた気がする。ウロですが…)

天宮奏。もちろん好きだ。チェックをつけた。

及川慎。今一番気になっている男。チェックをつけた。

佐々木純哉。第一印象こそ勝手に勘違いしていたが純哉は最高のリーダー。チェックをつけた。

片桐いつき。気を使う性格なのに、けっこうマイペースな面が見えるところが好きだ。チェックをつけた。

沢村千弦。チヅがいないとドリフェスじゃないと思う。好きだ。チェックをつけた。

風間圭吾。即位って何?チェックをつけた。

黒石勇人。何も知らないけど多分一番好みには近いので好きなはずだ。チェックをつけた。

全員にチェックをつけてスクロールして、最後に出てきた項目に私は心臓を撃ち抜かれた。

"全員好き、選べない。"

名言だ。そうなのだ。全員好きで、選べない。心を読まれているかと思った。あまりにその通りすぎてウケた。